契約・引き渡し

不利な契約内容はしっかり把握しよう!

希望のマンションの審査も通り、契約時の必要書類を準備して、仲介会社・管理会社にて契約書に署名・捺印になります。 賃料などの契約条件は、分かっていますが契約書の特約に記載のある内容を契約まで理解していない方います。 契約書に署名・捺印する際の注意する内容があります。大手法人契約でないと、なかなか契約書の内容の変更は難しいことが多いですが、契約書を作成する際に、念のため契約書のドラフトを先にもらっておけば契約前に質問できます。 あまりにひどい内容は変更依頼をするか、契約をやめることも検討が必要です。

契約時に確認する必要のある契約内容

事前に交渉できる契約内容もあります!

・短期ペナルティーがあるか?
契約するお部屋の募集時の契約条件が礼金0、フリーレントなど初期費用が安く設定していると、1年未満で解約をすると1カ月分の短期ペナルティーが付いている物件が多いです。入居時に条件を良くしているので、貸主も最低一年は住んで頂けないと損してしまうからです。

・退去時のクリーニング費用が決まっているか?
一般的に、退去時にお部屋の㎡数によってクリーニング費用を入居者が負担します。
通常1㎡で1000.円から1500円、エアコン1台10000円が相場のクリーニング費用です。退去の際は、立ち合いでお部屋をチェックして、入居期間中に故意過失で傷をつけていないか確認します。傷があるとプラスで補修代がかかります。東京都には紛争防止条例という退去時のガイドラインが適応されるため、昔に比べてトラブルが減りました。

・建物の大規模修繕が予定されているか?
物件によっては、築10年前後経つと大規模修繕が行われます。工事の内容にもよりますが、騒音、埃、外壁に足場を組みカバーをするため眺望がなくなるため、いつからどのような工事をする予定があるか確認が必要です。 仲介会社も契約書が届くまで、大規模修繕の内容を伝えていない事も多く、担当が把握できていない場合があります。

・周辺に大きな建築物が計画されているか?
眺望を気に入って決めた物件の周辺に、「数年後に目の前にビルが建築される予定がある時があります」。眺望、日当たりが悪くなることがあります。 契約時に需要事項説明書に記載があることがいいですが、引っ越しの期限が決まっているため、そのまま契約に進めるしかない状況になってしまう。

・更新料が1.5カ月になっている。更新事務手数料が0.5カ月かかる。
中には、更新料が高く設定されている、更新料のほかに更新事務手数料がかかるお部屋があります。違法ではありませんが、更新の際に費用が高くなります。月々の賃料が安く設定している場合もあるので、トータルのバランスですが、理解して契約する必要があります。

・退去の際の解約予告が2カ月前解約
最近は2カ月前解約にしている管理会社が、大手を含め増えてきました。2カ月前解約にすることで、貸主は空き予定の情報を早く開示しお部屋が早く埋めることができます。
一方契約者は、次回引っ越しのタイミングが難しくなります。2カ月前に申告することを覚えておかないと、引っ越しの際に損をするので覚えておきましょう。







【パークアクシス】シリーズ 【パークハビオ】シリーズ
三井不動産の高級賃貸マンション
パークアクシスのロゴ
三菱地所レジデンスの高級賃貸マンション
パークハビオのロゴ
【アパートメンツ】シリーズ 【カスタリア】シリーズ
 東京建物の高級賃貸マンション
アパートメンツのロゴ
大和リビングの高級賃貸マンション
カスタリアのロゴ
【プラウド】シリーズ 【パークホームズ】シリーズ
野村不動産の高級分譲マンション
プラウドのロゴ
三井不動産の高級分譲マンション
パークホームズのロゴ
【シティータワー】シリーズ 【ブリリア】シリーズ
 住友不動産の高級分譲マンション
シティータワーのロゴ
東京建物の高級分譲マンション
ブリリアのロゴ
サイトに掲載している内容は、高級賃貸不動産の現場の声をまとめたコンテンツになっています。インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめています。事実に異ならない様に記載しておりますが、人により考えが異なりますので、あくまでご参考にしていただければ幸いです。

ページの先頭へ